タイプで異なる特徴~コーヒーは手間と味の比率で選ぶ~

タイプで異なる特徴~コーヒーは手間と味の比率で選ぶ~

手軽に入れられるドリップタイプ

一杯分だけ美味しいコーヒーを入れたいという時に便利なのがドリップ式のコーヒーです。ドリッパーやサーバーなどが必要なく、手軽に入れることができるのが魅力でしょう。市販のドリップコーヒーをコーヒーカップにセットして、沸かしたお湯を数回に分けて注ぐだけで薫り高く本格的なコーヒーを入れることができるのです。

薄めて使える原液タイプもある

より手軽に入れられるコーヒーとしては原液タイプのものもあります。これは、コーヒーの原液を水やお湯で薄めて飲むもので、一回分のポーションタイプやボトルタイプも存在しています。ドリップタイプとは違い、水でも薄めることができるのでアイスコーヒーを飲みたい時にも便利です。薄めて飲むのでコストパフォーマンスも良く節約にもなります。

おいしいコーヒーの選び方・3つのポイント

ドリップタイプならフィルターに注目

ドリップタイプには、フィルターの下部がコーヒーに浸かる浸水型と、通常のドリップ型があります。浸水型の場合は、コクや風味をより楽しめるようになっています。ドリップ型の場合は澄み切ってクリアな味を楽しめるので、お好みに応じて選びましょう。

包装方法

ドリップ型の場合は、個別包装しているものの方が、味や香りの劣化が防ぐことができます。節約したいならまとめて包装してあるものの方がいいでしょうが、よりおいしいコーヒーを求めるのなら個別包装を選んでください。

焙煎の仕方で選ぶ

コーヒーの焙煎には、浅煎り、中煎り、やや深煎り、深煎りと種類があります。コーヒーは浅く煎った場合には酸味が強く感じられ苦みのないものになり、深く煎った場合には酸味が少なくなり苦みが強くなります。それぞれの好みを把握して、煎り方を選びましょう。

広告募集中