オフィスコーヒーのマシン活用方法~コーヒー以外の楽しみ方とは?~

オフィスコーヒーのマシン活用方法~コーヒー以外の楽しみ方とは?~

コーヒー以外の飲み物も入れられるから便利

休憩時間にオフィスコーヒーでリフレッシュし、スタッフのモチベーションを上げるオフィスも多くなりました。
でも同じオフィスで働く人の中には、コーヒーが苦手な人や、たまにはコーヒー以外の飲み物を欲しいという人がいるかもしれません。
最近のオフィスコーヒーのマシンには、コーヒー以外の飲み物も入れられようになっているので大変便利です。

カフェラテやチョコドリンクも選べる

コーヒーマシンには、カフェラテやチョコドリンクも選べるようになっている物があります。これらはそれぞれがパックになっており、そのパックをマシンに取り付けて飲み物を作ります。コーヒーや紅茶の種類が豊富で何種類もあり、カフェラテやチョコドリンクの他に緑茶も揃えてあるので飲み物を選ぶ楽しみがあります。
飲むたびに新しいパックを取り付けるので新鮮で衛生的です。

自販機型のオフィスコーヒーもある

自販機型のオフィスコーヒーは、飲み物の種類がさらに増え、温かい飲み物だけでなく冷たい飲み物も選ぶ事ができます。またコーヒーや紅茶の他にも自販機型のマシンによってはスープや乳飲料、炭酸飲料水やジュースなどもあるので飲む物がない、という事はありません。
ただ置くスペースが必要となるので、このタイプはオフィスルームの中ではなく、フロアの階段やエレベーターの近くに置くことになるでしょう。

コーヒーと紅茶の特徴を比較

コーヒーの特徴

コーヒーの香りはアロマ作用があるので、香りだけでもリラックス効果があります。ブラックで飲んだり、砂糖やミルクを加えることで一杯のコーヒーもバリエーションが楽しめます。コーヒーにはカフェインがふくまれており、少量でも頭が冴えて気分転換ができます。

紅茶の特徴

紅茶は種類によって香りや味わいが変わり、お茶なので一日に何杯も飲むことができます。紅茶もそのまま飲んだり、ミルクやレモン、砂糖を入れることで味を変化させることができるので、同じ紅茶でも色々な味を楽しむ事ができます。

広告募集中